スポンサーサイト

-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小旅行

2015-04-20 (Mon)
金沢へとつながった新幹線を、手前でおりて

向かう私達の目的地は 長野県 

善光寺の御開帳に行ってきました
15040501-400x479.jpg


7年に一度、いつもは人目に触れる事はない、仏様を本堂に迎え、目見えて参拝できる期間を御開帳といいます。

その仏様と、本堂の前に立てられる10メートル超の「回向柱」を金糸で繋ぎ、その柱を拝し、触れる事によって、功徳を得る事ができると言われています。

期間中、全国よりたくさんの参拝者が訪れる善光寺の御開帳

七年前、功徳をいただいた私の、充実したこれまでの報告と

これからの七年間の功徳の「充填」を目的に訪れた今回
IMG_2630_convert_20150417230417.jpg



七年前似たような写真を撮ったのを思いだし

比べてみると

_0017254_convert_20150417230559.jpg


…太って老けました



七年後、よりよい報告ができるように(スリムな体型で)

これからを

楽しみ、はりきり、頑張ります
スポンサーサイト

短い前髪

2015-04-06 (Mon)
私の思い浮かべる「世間一般」とは

すなわち

火曜日の大型商業施設の昼下がりの風景

だったりする訳で



辻堂某しかり、二子玉川某しかり

見渡せば、高確率で視界に入る

クレラップのCMの女の子みたいなボブ



平行して、「需要のある髪型とは?」をテーマに、

一般紙、業界紙 世間を眺れば

「短い前髪の一般化」に行き着きます



いましばらく、私の娘の髪型を決めるのは

私で


以前に比べれば

「一般化」した「短い前髪」を娘に施せば

祖母、祖父、曾祖父、叔父、叔母より

非難轟々

「やっと伸びたと思ったら、また切って…」
「今日あたり、切られちゃってると思ったよ」
「金太郎みたいだな」etc…


歯に衣着せぬ、鋭い評価に切り刻まれて

今回は、

私の望むカワイイと、親類縁者の意見を考慮にいれて…

IMG_2596_convert_20150404001313.jpg
これぐらいに



「短い」と言われようと

ちょっと、やっぱり 

譲れませんし


譲りません












一目惚れ8

2015-03-23 (Mon)
素敵な小銭入れに、久しぶりの一目惚れ


元々、ド派手な柄に目がない私。

好きではありますが、

人様の目に触れる所に、気に入った派手柄を置く事は

あまり無く。

財布は人目に付くようで

見た人の「それはどーしたの?」という視線を感じる事

幾度となく

オブラート無しに「どーした それ?」と心配してくれる人に

「一目惚れしました」と、胸を張っては返される

苦笑い


私の琴線に触れるどころか、ビシバシはじく

私以外に人気の無い、その小銭入れ


ある日、実家のみんなと食べる夕飯の席にて

テーブルに、その小銭入れを置きました。


不思議なもので

「あら、いいわね」「いいじゃん、それ」

と言った母と弟の、初めての肯定的な評価に

血のつながり感じさせた、

素敵な私の小銭入れ
IMG_8669_convert_20150321204907.jpg

あと、コレも好き

main353_convert_20150321204529.jpg

3月9日

2015-03-09 (Mon)

レミオロメン 『3月9日』



とある『卒業ソングランキング』第1位に異論はありませんが

あといくつか、好きな卒業ソングを挙げてと言われれば




 森山直太朗 『さくら (独唱)』




 中島みゆき 『時代』



いずれの曲も私の、胸に染みて締め付ける




何処の場所にも後悔はありません

楽しかった事も苦しかった事も、それらを経て今がある事を思えば、全ての場所に『感謝』しかありません…


…いや、それは良く言い過ぎですが

各々充実した日々を思い返し、卒業以来会っていない人達の事を考えながら

『卒業ソング』と『今より昔』

に、もう少し

いましばらく

まだまだ春の前の夜中は冷えるので

暖かい音楽に、ひたっていようと思います

ひなまつり

2015-02-23 (Mon)
清く 正しく たくましく

そして、できることなら 美しく

娘の、すこやかな成長を願う ひなまつり


しつらえた雛飾りを、見つめる娘の眼差しは

正に「狩人」

IMG_7510_convert_20150218124424.jpg
※このあとグチャグチャにします


お雛様の扇子をくわえて、高速ハイハイ

お内裏様の帽子を奪い、グシャッと握ってご満悦

つるしびなを目の前に「引っ張らない」のなら、それは逆に心配で

引っ張る → おでこにぶつける → 泣く

の一連のながれは、完璧なお約束で、心配無用


清く 正しく たくましく育ってほしいと願う ひなまつり

ひとつ注文をつけさせてもらえるなら


お父さんは、たくましさは程々でよいと思います

茶碗

2015-02-09 (Mon)
瀬戸物売り場の端っこに置かれていた、投げ売り価格の茶碗を購入したのは、一人暮らしを始めた頃で、十数年前。

お気に入りのグラスに比べれば、特別その扱い方に意識は払わずに、使って、洗っての繰り返しは ほぼ毎日。

与えた使命はご飯を盛ること。

美味しく炊けた日があれば、中ブタを付け忘れて、生煮えの炊き上がりに、絶句した朝もありましたし、夜もありました。

結婚しても使い続けて、お世話になること十数年。ある日、茶碗のフチが欠けているのに気がつきました。

怪我しちゃいけませんから、「茶碗をあたらしく新調しなくちゃな」と、別段嫌でも楽しくもない仕事を、忘れないようにしなくてはと、思い至った「だけ」でした。


資源ゴミ回収の日、茶碗をゴミ捨て場に置いた時、ゴミを入れるコンテナの中に置いた、私のモノでは無くなった欠けた茶碗をコンテナの中に見て、視線を外せずにいて

「長い間、ありがとうございました。」と、ふいに思ったら、なんだか目頭が熱くなってきて。愛着があったわけではないけれど、特に気にかけていた、大切な代物というワケでも無いけれど。ずっと使ってきた、当たり前に手元にあったモノが無くなる際に、想いがめぐり

涙腺決壊

の、寸前。

ギリギリのところで踏みとどまって

「えっ? 今で、此処ですか?」と自分に驚き、いよいよ涙腺の緩み具合が、マズイ事になってきた今日この頃。


歳を重ねて、

高校野球、箱根駅伝、初めてのおつかい に加えて、

日々の些末な所々にも、気をつけなくてはいけません

工場見学

2015-01-26 (Mon)
その工場に行くための大きなハードルは

連れて行ってくれる運転手がいない事。


ビール工場にいき、出来たてのビールを前に、

ビールを飲まなくても良い人と、供に行く


そんな良い人に恵まれた私は

足柄アサヒビール工場に行きました



予約したツアーは全長90分。

ビールにまつわる取り組みや、製造方法や、色々を。ガイドのお姉さんの説明を聞きながら、工場を回る道すがら、頭から離れないのは、最後に待つ

ビールの試飲会への期待


ベルトコンベアを流れる、無数のビールが入った

缶、瓶、ケースに期待は高まり

美味しいビールを届ける為の、数々の努力や取り組みに

驚き、拍手、最敬礼


お姉さん曰く

「外に見えます貯蔵タンクの容量は500㎘。仮に350㎖缶を1日2本毎日飲むとして、飲み干すのに、2000年かかる分のビールを貯蔵することができます。」

そのタンクが数十本並ぶ景色は、まさに壮観で


最高潮に


ビールが飲みたくなりました



待ちに待った試飲会、振る舞われるビールは

制限時間20分で3杯まで

できたてのビールの味は、

いつものビールを「美味しくしました」と言うよりは、

別次元の味

本当に美味しい としか形容できない

そんな幸せな体験が、なんと無料(要予約)




素敵な休日となりました
IMG_0398_convert_20150123232441.jpg















成人の日

2015-01-12 (Mon)
十と何年か前に成人になりましたが

何をもって大人になるのか

大人として胸を張っていいのは何時なのか


就職したら、実印持ったら、結婚したら…


モノとコトは少しずつ増えてきてはいるけれど、

同時に

今まで、見えてなかった色々が見えてきて

大人になるためのステップは、日々増して

「はい、大人になりました」と、今より思えるその日まで


張り切る今を楽しむ


楽しむ姿勢を持ち 保つ…

…もしかして

素敵な大人というのは もしかして

現状を楽しめる人のこと?


…かもしれないので、答えの出ない今は

とりあえず

張り切って、今を楽しんでいこうと思う年初め




本年、はじめに手に取った本は

IMG_9403_convert_20150109002024.jpg
一つヒントにと自己啓発


本曰く

雨が降るたびビニール傘買っていませんか?

旬の魚や野菜がわかりますか?

決断、緊張を避けていませんか?

口角は上がっていますか?

白黒つけすぎていませんか?

受け入れ、許すことができますか?



身につまされて、改めて

踏まえてひとつ 前にゆく



年末に

2014-12-29 (Mon)
私事ですが

私事を書くのがブログなんですが

年末なので

ひとつ、今年を振り返れば

この一年

すごく良い年になりました


よく遊んで、機会に恵まれて

動いて 考えて、楽しかったと まとめる2014年




さて来年。


私自身の戒めに、今年も飽きずに思うのは

来年の目標も

今年より良い年にすること


本年中は大変お世話になりました

来年もよろしくお願い致します

寝台列車

2014-12-15 (Mon)
来年3月、ダイヤ改正に伴い、上野ー札幌を結ぶ寝台車

最後のブルートレイン「北斗星」が廃線になるそうです。



私、電車の何かに傾倒する「◯鉄」ではありません。

そういえば最近、めっきり乗ってもいません。


でも、それでも、私史を振り返り

「テンションがあがった日ランキング」を作るなら

間違いなく上位

北斗星に乗った日



上野-札幌間を16時間で結ぶ、北斗星で過ごす時間の

何が良かったのか。

私においてそれは、

浴衣に着替えて、個室でゴロゴロしながら

旅行の始まりの楽しさを

相手と共有してる間に運んで貰える

贅沢な時間の過ごし方





青函トンネルを抜ける頃、夜明け間もない北海道の入り口は

ずっと続く深い緑と、牛と、赤い屋根の家の連続

「あれ、最初に戻った?」と思うくらい

さっき見たみたいな、風景の繰り返し


目にする全てが、広くて、遠くて、大きくて。

流れる北海道の風景に、目を奪われた旅行の最初。


前述のとおり、

他の寝台列車を知りませんし、他の列車の旅の良さも

わかりません



ただ、でも経験則から

北海道に行くひとつの「儀式」として

陸路で、時間をかけて、

楽しい事だけ考えながら

一緒に行きたい誰かと「北斗星」で

訪れる「楽しい時間」がなくなることは


これは間違いなく、

日本の損失

IMG_6342_convert_20141214005957.jpg









「いやぁ、今年もおしまいですねー」

2014-12-01 (Mon)
と、

時候の挨拶よろしく、

時の流れを、早く感じてしまう事を分かち合う

この現象を、

うまく説明してくれる人はいないかと、検索すれば…


一番響いたのは、

<年齢分母理論>

歳を重ねると一年が加速する理由として、年齢を分母として、経過時間を計算する。

 10歳の1年: 1年/10年 = 10.0(%)

 40歳の1年: 1年/40年 =  2.5(%)

 つまり、10歳のときより20歳の時の1年の速度は2倍、10歳のときより40歳の時は4倍の速さで進むことになる。

 

…もっと早くなるんですね(冷汗)。



「今より若い事は無い」と共に、ココロの端に置いておく

先人の教えをひとつ得て、

ふと、視線の先に我が娘。



IMG_1908_convert_20141128233305.jpg

あなた、自慢げにつかまり立っていますけど、

ステンと転げて、ヒンヒン泣いていますけど、

私が、あなたと走り回れる日はいつですか?



おそらく、すっごく楽しいその頃のために、

あなたは歩く練習を、私は体力づくりを。

お互い、過ごす1日を大切に、

より良く過ごしてまいりましょ

眼鏡

2014-11-17 (Mon)
こんな経験があります。



ある人に言われました。

「その帽子は無いよ。」

心底気に入ったその帽子を、かぶりつづける事、幾数年。

同じ人に言われました。


「あの帽子じゃないとダメだよ。」


私が何容師かは、さておき…


ある人における、その人らしさは「似合う」か否か。

経過した時間が「らしさ」は生んでくれるから、

心底惚れた「スタイル」を、見慣れる所まで続ければ、

まとう空気に、違和感が消えて

馴染んだ「その人」の、「当たり前」に、いつか成る。


大切なのは、

ブレず、変わらず、心底惚れた「ソレ」を

失敗少なめに、出来る限り、早めに見つけて使い続ける事

…なのかなと


眼鏡を買うと決めた、ある日から、

買ったある日の その間。

素敵な眼鏡を、探して探してブックマークする日々。


ある休日の、全てを眼鏡の試着に費やして。


かけた時、

「コレだッ!」と思えたその眼鏡。

聞けば、元美容師がデザインした黒縁眼鏡。

細いツルと、蝶番が美しい眼鏡が私にハマり

眼鏡が顔の一部になり

馴染むその日はいつの日か

GetAttachment.jpg


久しぶりの重みに、眉間が痛い、今日この頃





















アバンギャルド

2014-11-03 (Mon)
「日本語では、前衛的、奇をてらった等と訳される。でも、語源は アバンが「城」ギャルドが「前」。つまりアバンギャルドとは、勇気を持って一歩前に、自分の城から出る事なんだと思う。」


ある人のインタビューの中で、自身の座右の銘として挙げた「アバンギャルド」の話が、私に刺さり


「築いた城から出る、踏み出す勇気を持つ事。自分の城が大きくなるほど、大事になるほど、「これでいいかな」と思わずに、一歩でも半歩でも進める気持ちがアバンギャルド」



守りになんて入ってやいませんが、奇をてらうのに「恥ずかしさ」が先攻するのは、老いか成長か。

言い訳か。




まずは服装で、
IMG_1841_convert_20141102073757.jpg

新調したスラックスの

裾をダブルに、くるぶし見せて、タイトシルエット


初秋の私のアバンギャルド




ちなみに私の座右の銘は

「広く浅く 時々深く」



祝・復刊

2014-10-20 (Mon)
雑誌の休刊というのは、

雑誌の刊行の休憩というよりは、

「無くなる」という事を、受け入れなくてはならない

いわば、毎月なり毎週の楽しみを奪いさる、最後通告…

と思っていましたが、

このたび、

若い私に、ファッションの

楽しさと、知識と、手に入れる喜びを

後の、物欲と、

お金を手に入れる事の大変さ を教えてくれた

私を作った、バイブルの一つ

IMG_1800_convert_20141018225159.jpg

復刊が嬉しい今日この頃





ハードディスクプレイヤーが

2014-10-06 (Mon)
「もぉそろそろいっぱいです。」と訴えるので、見て見ぬフリしていた、録りためた録画の数々を整理する事に。



私の琴線に触れないプロフェッショナル

苦手な人のアナザースカイ

冒頭数分で興味をかき立てられない情熱大陸


に費やす時間は、たぶん無く。



削除作業をつらつら進み、録画日時が去年の今頃に


去年の今頃録っていたもの「半沢直樹」


そんな時代もありましたねと、さらっと、ダイジェストよろしく見始めたのが

運のつき。


私的に、まれに見る。 活字<映像=半沢直樹のテレビシリーズ


見終えた頃に日は暮れて、不条理と倍返しに満足し、

再度、見たのに消しません。


なぜなら、

出向先での次の話と、

最新作の
IMG_2342_convert_20141003234326.jpg
の、半沢直樹を、

再度、まとめて観る日が

楽しみすぎて、楽しみすぎて…

是非是非映像化、よろしくお願いします






年中行事の一回目

2014-09-22 (Mon)
私の人生では起こらなかった、憧れるシチュエーションは

二つ。


成人式の日の夜。背伸びして飲んだ、全く美味しくないお酒の酔いは酷く。リビングで突っ伏していると、遠くから聞こえてくるのは、久しぶりに聞いた親父の声。反射的に、情けない姿を取り繕い、返事を返すと、「後で俺の部屋に来い」との事。

珍しい。

話すのも久しぶりなら、語尾の「来い」も、いつもの親父の使う言葉では無く。いつもと少し違う雰囲気をまとう親父の言葉に素直に従って、久しぶりの部屋に来たら「まぁ、座れ。」とのこと。

語られる、これまでの事と、これからの事。

親父視点の、自分にまつわる今までの話と、これから立ちはだかるだろう、試練の際に考えるべき事と、体験談や処世術やあれやこれ。

空が白むまで、膝つきあわせて話した最後に渡されたのは、親父が腹くくって独立する前に奮発して買った腕時計。
「まぁ、頑張れ」と渡された腕時計の重い事ったらないねー(笑)

…と話していた友達のエピソードに憧れ

私、来るべき時のため、腕時計は購入済み




もう一つは

毎年撮る家族写真。



昔々、私が五歳の頃で七五三。

その写真撮影の、超めんどくさかった事。

着慣れない堅苦しい服が、本当にめんどくさかった事。

なんとか、やり過ごして、「よく頑張った」とほめられた事。

その嬉しかった事。

その後食べた、みづほ野の「焼き鳥重」のおいしいこと!

なんだかみんな楽しそうに、忙しそうにしている、ある日曜日を

完全に覚えています。


写真と共に、記憶と風景を毎年残す。

今回、我が家における初撮影


IMG_1697_convert_20140919213627.jpg


私の独断による

紺×白しばりの一回目

2014-09-08 (Mon)
雑誌で見た、いつか行きたいと思っていたお店の名前を、

思い出すことは難しく、

検索することに慣れた脳みそを振り絞って、

ハミング程度に思い出した店名を検索してみても

空振りばかり


「平塚×イタリアン」の検索結果にも、成果は得られず。

目を閉じれば思い浮かぶ、

素敵なお店の外観と、美味しそうなマルゲリータの写真。

を、思い出した所で、お腹の音が鳴り響き タイムアウト。

空腹の限界と、ピリピリした車内の空気に耐えかねて、

「近所の、素敵にお腹を満たすもの」に目標変更


しばらく車を走らせていると…

流れる視界の端に、探し求めていた、写真のままの素敵な外観。

宝島を発見したかのごとく、ガッツポーズ&ハイタッチ(脚色なし)


手前勝手に、高めに高めた期待と空腹を、胸とお腹に

訪れたお店の雰囲気に、料理に、心使いに星5つ




私の人生に1つだけ文句をつけるとしたら、

なぜ、自分が好きになる場所の定休日がことごとく、火曜日なのかと 

また嘆く

素敵なごはんをいただきました


満たされたお腹で考えたことは、

頭に浮かぶ画像を出力、検索することができたら便利になるなー と

それを人に話したら

「いや、ちゃんと記憶するか、メモとろうよ。」に

何の申し開きもございません



夏の使命

2014-08-25 (Mon)
自分の周りの全ての「モノ」は、大きく分けて二つ

「こだわりのあるモノ」と「こだわりのないモノ」に分ける事が出来ます。

ビールの銘柄には、一定の「こだわり」がありますが、歯磨き粉の変化には気付かない。
洗濯物に残る柔軟剤の、甘くて重い、香りに文句をつけたら、いい加減、脱いだ服の裏返しを直してと、難しい事を言う奥さん。

…きをつけてはいるんですが。

人には、それぞれ こだわり があって、
その中でも最上級。こだわりピラミッドの頂点
「すごくこだわりがあるモノ」があります。

常にアンテナを張り巡らせて、より良いモノを探すのは

たぶん、一生。

「出会った!」と思ったら、好みは変わり、趣味が変わり、より「良い」モノを見つけたり…。
終わりのない、難しい、もどかしい、そして、心底のめり込む、楽しい悩みの種のうちの

そのひとつ

「杢グレーのポケットTシャツ」

IMG_1415_convert_20140823234130.jpg

IMG_1411_convert_20140823233918.jpg

IMG_1419_convert_20140823234230.jpg

IMG_1413_convert_20140823234040.jpg

綿とポリエステルの混合比がおりなす、最上の霜降り柄を探し求めて幾年月。
さらに、ポケットの形状、生地の厚み、首元のあきと頑強さなどなどの、私の理想を叶える
素敵なTシャツを探し求めるのが、毎度の夏の、私の使命

長野の中級者

2014-08-11 (Mon)
松本城 軽井沢 善光寺 戸隠そば
それらは、だれもが思い浮かべる「ザ・長野県」

私において、長野県というところは、奥さんの実家のある所。

近年、経た時間が、否めなかったアウェイ感を大分に和らげて
でも、
「第二のホームです。」とは、まだまだ、なかなか胸を張れない「長野中級者」の私が、今年の夏休み選んだ行き先は

茶臼山恐竜公園

IMG_1439_convert_20140809004748.jpg

写真の私は、入場間も無いテンションMAX時。

IMG_1441_convert_20140809004854.jpg

この後、甘く考えていた、長野の日差しに体力は奪われ。太陽に照らされて、熱くなった恐竜たちに触れることは難しく。
私と奥さんと、義理の母と、眠る寝返りをうち始めたばかりの娘とでは、テンションMAX時の気持ちに戻すことは難しく。
その先にある動物園への入園は、歩けるようになった娘と、来春か、その後の暑くない時と決め、早々に退散。


大王わさび農場

IMG_1500_convert_20140809005438.jpg

IMG_1503_convert_20140809005709.jpg

どこかで見た、昔話の風景を切り取ったかのような「日本の原風景」として想起する、わかりやすい風景そのままの前に、一時たたずむのは、なかなか「おつ」な時間で、

そこより奥に広がる わさび園

IMG_1504_convert_20140809005814.jpg

IMG_1505_convert_20140809005912.jpg

水の流れに対して、一定の傾斜をつけて棚を配置することにより、わさびの発育に良いとされる水の流れを確保。その連続の美しさに、一時たたずむ


諏訪湖

といえば、日本三大花火大会のひとつ、諏訪湖の花火大会は有名ですが、その諏訪湖で夏の間、毎日花火があがるのは、もしかしたら、あまり有名では無いのではないでしょうか。

花火の帰り道、となりに歩いてた おっちゃん曰く
「いやー、これくらいで十分だね」にまさしく同感。

15分 800発は、花火大好きな人には、全然足りない量だとはおもいますが、久しぶりに、混み混みでは無い状態で芝生に寝転がり「ちょっと」みてみたかった私には十分で、丁度良い

IMG_1530_convert_20140809010714.jpg



黒部ダム

日本一の高さを誇るダム。その高さから、毎秒10トンの水が落ちる様子は、是非とも見たい風景で、その風景を100点にするには、太陽が高い午前中から正午過ぎ、太陽がのぞき、水の落ちる所を十分に照らすことが必要。

小雨降る、ダムに向かうトロリーバス車中、半ばあきらめていた今回の「見たい風景」を見るという私の願い。

まさに水の落ちる場所に到着した時、雲間から太陽が覗いたその時が

今回の夏休みのハイライト。

IMG_1481_convert_20140809012811.jpg



見え隠れする太陽光に連動して、揺らめき光る、虹を見下ろすのは、なかなか素敵な一時でした

本について

2014-07-28 (Mon)
母子で来店のお客様。おかあさんの後ろを歩くお嬢ちゃんの手には、自分も小さい頃大好きだった本「エルマーの冒険」。
お母さんのカットの終わるのを待つお嬢ちゃん。静かに、しかし、スッポリ本の世界に入り込んでる、前のめりの姿がかわいいなーと思って見ていて

ふと、

どんな話だったっけかなと、思い出そうとしても思い出せない。
実家にまだあるか尋ねるまえに、ウィキペディアで あらすじ を読んでみても、あれ?そんな話だったっけかなぁと合点がいかず。

覚えてるのは、

大好きだった本の表紙と、その本が大好きだった事。



自身の保育園時代。齢5歳で年長さん
お迎えの時間の少し前、先生が本を読んでくれる時間があって

今日読む本が「エルマー」なら、喜び勇んで最前列確保。
語られる物語に、当時の僕にとってこれ以上ない、手に汗握る数々の冒険譚に興奮し熱狂し。たぶん親に初めて自分から「買ってほしい」と、ねだった本「エルマーの冒険」


語られる物語が、その当時の僕にだって、僕の身には「おそらく」起こりえない、フィクションだとわかっていたとは…たぶん、思う。

でも、
確信をもって、はっきり覚えているのは、今も引き続き思っている事

本は楽しい。という事。


先日、私の娘が「book start」なるイベントに参じまして

book startとは、市町村自治体が行う「絵本」と「赤ちゃんが絵本を楽しむ体験」をプレゼントしてくれる活動の事で、

わが娘、零歳児にて、人の語りにきちんと耳を傾けて、反応する才がある様子(親バカ)


年長さんまでは、あと五年。




先に ことわっておくけどね

以後当分、私の趣味であなたに読む本を決めるけど、

責任を持って、

本の楽しさと、あと大切さ

あなたに伝えられるよう

頑張っていこうと思います

image_convert_20140726223657.jpeg

2018 ロシアまであと4年

2014-07-14 (Mon)
4年に一度のサッカーの祭典 W杯

母国の代表としての誇りを胸に、国の威信をかけて、世界一を目指し戦う大舞台

と同時に。

良い選手を求める、スカウトの目が集まる、選手各々の日常たる、所属する世界中のクラブチームにアピールするべく。個人としても、ヘタなプレイはできない、移籍市場に向けた大見本市

と同時に。

私たち、ヘアスタイルにたずさわる者にとっても見逃せない、四年に一度の、メンズスタイルの大見本市



世界各国の美容師、理容師が、その腕によりをかけてヘアスタイルを創り、国境を超えて、世界に向けて発信することが出来る、他にはあまり無い機会。

古くは2002年、ベッカムヘアで大流行した「ソフトモヒカン」
今大会で言えば、ブラジル代表ネイマールのヘアスタイル
大会ごとの象徴的な人のスタイルは、記憶に残り、流行にさえなり得る。誰でもいつでも、思い浮かべる事が出来るヘアスタイルになる。
日本人があまりやらなかったバランスの、ネイマールのツーブロックスタイルは、夏以降、ツーブロックスタイルの定着した日本人の、少し背伸びした選択肢として、流行するか、しないかは、さていかがなモノか…。



過ぎ行く時は早すぎて、明日見るサッカーの試合が無い事が、少し絶望ではありますが、ブラジルの〆に。私的ココロに残ったヘアスタイルをまとめていこうと思います。




まずは甘口

ハメス
コロンビア代表 ハメス・ロドリゲス

ファン・ペルしー_convert_20140711232200
オランダ代表 ファン・ペルシー

クリス
ポルトガル代表 クリスチアーノ・ロナウド

ツーブロックスタイルを、少しだけ「攻めた」スタイルで、刈り上げの幅を高めたり。トップのみカールをつけて動かしたり、ラインを入れてみたり…。挑戦しやすいヘアスタイルでありながら、
ひとつ、少しだけデザインを強調して入れて、大勢に埋もれない、ココロに残った甘いマスクのイケメン達を甘口とするなら…

中辛は、もう一歩挑戦するには勇気が必要なスタイル。

各国代表チームのなかで目立った人たちを集めてみました。


ビダル
チリ代表 ビダル

ピチャクチッチ
ボスニア・ヘルツェゴビナ代表 ピチャクチッチ

の上位互換

シャーラウィ
イタリア代表 シャーラウィ

どこまでがツーブロックで、どこからがモヒカンなのか、ジャッジをしなくてはいけないとして、私は迷うお三方。
ビダルの三分割されたグラデーションは、一般向けでは全くありませんが、作る機会も、なかなか巡っては来なさそうではありますが。私のココロに「ぐさっ」ときたヘアスタイル。


辛口はズバリ カッコイイヘアスタイル

独自でも、ウイットに飛んだでも、奇抜でも、
どんな理由でもひとつ『突き抜けた』ヘアスタイルは、本当にカッコよくて
真似できないし、真似しない。

セレイ・ディエ
コートジボワール代表 セレイ・ディエ

メイレレス
ポルトガル代表 メイレレス

news_139956_3_convert_20140714085231.jpg
アメリア代表 カイル・ベッカーマン



最後に超辛口

2018年大会、ロナウドのヘアスタイルを超える衝撃に出会えることを、四年後の楽しみとして
四年後が待ち遠しい

ロナウド
2002 ブラジル代表 ロナウド


思い出すのは

2014-06-30 (Mon)
アルベルト・ザッケローニ監督の初采配の試合、
強豪アルゼンチンに1対0で勝利した日。
ライバル韓国を3対0で勝ちきった日。
アジアカップの祝杯を掲げ上げた日本代表の笑顔。
コンフェデ杯のイタリアに善戦、オランダにドロー
フランス、ベルギーなど世界の強豪に打ち勝った

その時々。

日本代表の試合くらいしか、見ない私ではありますが。
いつもよりすすむ、美味いビールをかたわらに、
チャンスにピンチに、歓喜にガッカリに、
咆哮、うなだれ、またビール開け
都度白い目、さらにこじらせ、怒られている

その時々を覚えています。

進化も結果も内容も「すべて」が楽しく嬉しくて、以前とは違う、攻める強い代表に、たとえ劣勢な状況だとしても、どーにか、なんとかなるんじゃないかと思わせてくれる
強さが
ほとばしっていた日本代表の

アルベルト・ザッケローニ日本代表監督の退団会見

「4年前の就任会見で日本サッカー界に何か遺産を残したいと言ったが、何かを残せたという自負はある」

攻める日本を見せて、魅せてくれたザッケローニ監督

4年間ありがとうございました

その遺志はだれのもとに

サッカー好きですか?

2014-06-16 (Mon)
…と、たずねられたとして、
「はい、大好きです!」となかなか言い切れない理由は、

ボールを蹴ったり、走ったりする趣味は無く。

ひいきのチームがある訳ではなく。

サッカーの歴史や人や、アレやコレに詳しいワケでも、

全くなく。


けれど、


Jリーグ元年に小学生していた「僕」の、昼休みは必ずサッカーで。

ドーハの悲劇が我がものの如く、打ちひしがれた夜中を思い出せて。

外して外して、外して最後は決めた岡野に歓喜は98年W杯初出場。

ベッカムヘアより、トルコアイスより、覚えているのは、
納得いかないレフリングに、イライラしすぎた日韓共催。

それとは逆に、
音楽も、ビールを愛する所も、なんだか堅くて真面目な所も、あと
サッカーも。
色々「好きな」ドイツでのW杯は、飲んで踊って楽しく観戦した記憶ばかり。

スペインが「無敵艦隊」となったのが、たったの4年前で、


…ああ、でも、
4年経ってるなと、辺りを見回せば変化ばかりで。

当時、仲間と一緒に飲み屋で決勝を見終えた帰り道。夜明けの街を酔い覚ましに歩きながら、少し人生動かそうかと考えていた、四年前を思い出して、思いかえす。

その時の記憶とか感情が、サッカーの試合の内容と共に思い出せる。

青くて甘い、つたない四年前の私を思い返し身悶え、反省。

踏まえて、考えて、試して、聞いて、精進精進…。


さてさて、2014 ブラジルW杯開幕

私にとってのW杯は、寝不足に悩まされる、素晴らしい酒の肴であり
4年ごとの人生の句読点。



2014年ブラジルを楽しみます














カラフル

2014-06-02 (Mon)
駐車場に停めてある、自分の車を離れた所から見て、
「ああ、いい車だな」と思えるのが、自分にとって、い
い車だと聞いたことがあります。

車を持ったことはありませんが、たぶんそれは全ての
「モノ」に言える事で、

自転車とか、靴とか、上着とか、

他と並べて見る度に、「やっぱり、いいな」と思う度、

トライとエラーを繰り返し、ひとまず現状一位の逸品を得
て使い倒し、満足はほどほどに、貪欲に他の新たな私的
「良いモノ」を探す旅は、

たぶん一生。



「良いモノ」を求める私の「いいね」と
思うモノの集合体が「自分の家」

世界一落ち着く場所、自分の家に掲げたテーマは、

「モノは少なく」「色は少なく」「超シンプル」

厳選する厳正な審査が厳格に行われていたのは

過去の話。



娘 というのは最強です。

愛娘が喜ぶならば、私のポリシーなんか

IMG_1269_convert_20140530234138.jpg

IMG_1272_convert_20140530234236.jpg

IMG_1278_convert_20140530235838.jpg

IMG_1274_convert_20140530235750.jpg


…忘れました






IMG_1266_convert_20140530233934.jpg



娘がケガしちゃいけませんから

カドが鋭い家具につけるスポンジは、何色にしようか悩む
今日この頃






キジバト

2014-05-19 (Mon)
「朝の音」ときいて、思い浮かぶ音ってありますか?

 しあわせな時間を切り裂く、ケータイ電話のアラーム音か
ら始まり、まな板をたたく、小気味よいリズムに、朝のまど
ろみとの決別と、一日の始まりを踏み出す決心を固める。
 
うまく内容の入ってこない、興味がわかないニュースを聞
きながらカフェイン導入、熱いシャワーを浴びて、支度を始
める

すこし前。

「夜の終わりの音」で、思い浮かぶ音もあります。

 二度寝のしあわせを噛み締める、少し前に聞こえる音々。
 
遠くのほうで聞こえる、おじいちゃんが起きた気配の音、
新聞屋さんのカブのギアを変える音、行くのか帰るのか、行
き先へ急ぐ車の走行音。
 
目を開けて、外の暗さを確認したら、朝が来ていない安堵
とともに目を閉じる。

「夜の終わりの音」で思い浮かぶ音のひとつ

「ホーホー、ホッホー(繰り返し)」と、いう音


キジバトの鳴き声

…だと、いうことを知りました。

長年の謎。何の鳴き声か分からず、けれど、さして誰かに
尋ねる疑問でもなく。

でも何となく



o0500068412601188615_convert_20140513221148.jpg

こうゆう鳥がいるんだろうなと思っていた、子供の頃を思い出しました。

フクロウはいないようです。


小さな疑問をひとつ解消して、娘の疑問に答えられる用意が出来た春の後。

結婚式って

2014-05-05 (Mon)
IMG_1175_convert_20140429232925.jpg

良いですね


何故って、その日より

笑顔あふれる一日を


私は知りません


ネイビーブーム

2014-04-28 (Mon)
濃紺ブームがとどまる事を知らず

ブーム改め、もはや

「生き様」

に検討中な今日この頃


気づけば、

私の帽子のレギュラー陣が

濃い紺ばかり

IMG_8354_convert_20140411235531.jpg

一目惚れ7

2014-04-21 (Mon)
何を隠そう

実は、私

「虹」好きで


虹柄をまとう、素敵な何かを、いつも探して

幾年月


たぶん、これ以上ない素敵な表紙を見つけて

IMG_8238_convert_20140411235611.jpg
ジャケ買い



実は、私、

ジャケ買い=大当たり な星回り


久しぶりの出会いの

ページを開く、少し前

将棋のお話

2014-04-14 (Mon)
大好きな作品の、その「次作」

IMG_3222_convert_20140327233837.jpg



否が応でも高くなる、そのハードルの高さは

うずたかく



間を置いて、




読み返したその「次作」


見つけた魅力と、

何よりも

まだ先がある、途中の今が

何より嬉しい 半ば過ぎ

平塚八幡宮に

2014-04-07 (Mon)
初宮参りに行ってまいりました


生まれた土地の神様に、手の平合わせて願うのは

愛しい娘のことばかり



娘の誕生の報告と、健やかな成長をお願いし

おとうさんと、おかあさんになったばかりの我々の

お力添えとご加護も、ちゃっかり お願いし


…ついでに様々色々に、

ありとあらゆる 欲と願いと幸せを、



久しぶりの氏神様に、

お願いしすぎた初宮参り

IMG_0997_convert_20140407000344.jpg

趣味

2014-03-31 (Mon)
自分の大好きな音楽を、より良くつなげること。


いわゆる「DJ」は、私のいきがい






作業用BGMとして、もしくは休日の始まりに
http://www.mixcloud.com/jhasgaudgb/

エンダースキーマ

2014-03-24 (Mon)
IMG_9859_convert_20140303002435.jpg

右上から時計回りに

バンズのエラ
ナイキのエアフォースワン
ドイツ軍採用 ジャーマントレーナー
アディダス スーパースター




どれかひとつにでも、ココロ奪われた一時がある人なら

わかってもらえるはず


皮革で創られたスニーカーの名品たちを

カートに入れて、

眺めて クリック5秒前


結婚祝い

2014-03-17 (Mon)
悩みます


自分がもらって嬉しかったモノか、

アイツがよろこびそうな変化球か、

以前見つけた、『とっておきのネタ』の使い時が今なのか?

大人気、安心安定の『定番品』は逃げなのか…

…いっそ欲しいモノ聞いちゃうか!

いや、待て待て、やっぱり…(上に戻る)



休みに街をうろうろしながら、

あれこれ悩んで、探して探して

すごく『楽しい』悩みの種

ジーンズ

2014-03-10 (Mon)
には、少し こだわり がありまして

長年、リーバイス501 1955年製復刻版をはき続けてまいりました。


サイズを変え、クッションを変え、時には引きずりながら、穴があいても

『ファッション』だと胸張って、履き続けてまいりました

が、

月日は流れて、ふと となりを見てみれば


ひざ下からのテーパードがイカした

『シュッ』とした

リーバイス501 1954年製復刻版が気になって

lvc-styl.gif

お買い上げ


少し、大人ぶりたい時用ジーンズを

大切に、はきつぶしてまいります

父親になりました

2014-03-03 (Mon)
IMG_0829_convert_20140301001758.jpg

3250gの元気な女の子で




ただただ、すごく

いとおしい


親子カレー

2014-02-24 (Mon)
十代も終盤の専門学生の時、初めて食べた

親子カレー


ご飯の上に、半熟の卵焼き 

そのまた上にチキンカレー

そのルーが、他では出会った事のない唯一無二

未だに、

私史上ナンバーワン カレーライスは

平塚中央地下道近く 『キャラウェイ』の親子カレー

IMG_7676_convert_20140207212806.jpg






ケンタッキーフライドフィッシュ

2014-02-17 (Mon)
IMG_4072_convert_20140214211441.jpg

タルタルソースとの出会いは幼少期


ソースじゃなくて、マヨネーズじゃなくて

何やら不思議な、緑色の何かが入ってる

都会的な スペシャルな 

初めて出会ったタルタルソースは

子供ココロに

ひとつの、感動的な『美味しい』出会いをもたらしてくれた

フライドフィッシュの復活が嬉しい




2014-02-10 (Mon)
雪降る夜

しん と静まりかえった部屋で

灯りを消して 

むさぼり聞きたい曲 ありませんか?


私にはあります













降る雪の静けさで

好きな曲が

心にグサグサ染み渡る



新宿

2014-02-03 (Mon)
欲しいモノの現物を見る為に、

久しぶりに、新宿へ行きました。


我が学び舎のある街、新宿。

歩き慣れた、馴染みの街の

ネオンに、においに、人混みに

げっそり してしまいました


干支が一周りして、

今は此処が丁度良い




昔話

2014-01-27 (Mon)
昔々、


DJをやりたいな思い立ったなら、

揃える機材は

ターンテーブル×2

ミキサー

アンプ

スピーカー

エフェクター

ヘッドホン

コード類諸々に

オーディオインターフェースと録音機材

あとは、

好きな音楽


…が必要でしたが


今はコレだけ
IMG_8961_convert_20140125234130.jpg

ipadと、あるアプリと

好きな曲がパンパンに詰められた、itunesがあればOK


色々なモノが省略されて、簡単、安価になって



文明の利器の、進歩の早さに目が眩む

うれしく、少しさみしい、今日この頃

一目惚れ6

2014-01-20 (Mon)
大好きなカーディガンがあります。

あるブランドの、ある型が大好きで

今や、ユニフォームの如く着倒している今日この頃


毎シーズン、色を変え、素材を変えリリースする定番品の

今シーズン 14春夏は、夢にまで見たコンビネーション



IMG_6880_convert_20140117215149.jpg
濃紺×濃紺×綿


小さく一つ うなずいて、カートに入れて 即購入







『夢』は、叶うみたいです







さみしい

2014-01-13 (Mon)
IMG_1428_convert_20140109221325.jpg

さみしいです。


さみしいですが、

次を読める、幸せの為には

しょうがない




新年

2014-01-06 (Mon)
あけましておめでとうございます

例年にも増して

今年も 飲んで、食べて、楽しく過ごした

ツケが、

すごい数値となりました


今年も新春は、ダイエットにいそしみます

つい、この間

2013-12-30 (Mon)
初詣に行った気がしますが、

初詣に詣る明後日が、紛れもない明後日で


本当に今年が365日もあったのか、

確認作業として、今年書いたブログを読んでみたら


…色々してました


去年の今頃書いたブログと、同じ気持ちなのには驚きます。


今年得た色々を糧に、来年の目標も 

今年より良い一年にすること


本年中、皆々様には大変お世話になりました。

来年もよろしくお願いいたします

















ある部屋において

2013-12-23 (Mon)
テレビを置く場所 というのは、

おおよそ決まってしまうと思いますが、

ウチのリビングにおけるその場所は、

私どもにとって、全てを叶える場所であらず。

なので、

IMG_9104_convert_20131221213852.jpg

テレビ台にキャスターをつけて、

テレビに向かず、

テレビに、こっち向いてもらって、

好きな格好で、好きな場所で、

ダラダラ、ゴロゴロ、過ごす幸せ






コンビニにて

2013-12-16 (Mon)
目線の高さに陳列されるは、

すなわち、新商品


夏の盛りかその後位、私の琴線に触れたのは、

ビールをあけるのは はばかられる、お休みの昼前に

少しだけ勇気を出して購入した

IMG_5325_convert_20131214195057.jpg
『tomash』

トマトジュースのジンジャーエール割りは、

多分、売れ行き芳しくなく

コンビニで見かけなくなり

幾星霜、

薬局の端で投げ売り価格の、

私的、夏の大ヒット商品に

久しぶりに舌鼓




紅葉狩り

2013-12-09 (Mon)
「昔は秋って季節があったんじゃよ」


なんて言う将来もあるのかも、と思うくらい

近年めっきり短くなった、秋を感じに

奥湯河原へ

IMG_1814_convert_20131205163622.jpg

IMG_7176_convert_20131205163857.jpg

IMG_3929_convert_20131205164112.jpg


燃える山々を心にとめて

来る冬の、支度を始める晩秋かな

カーディガン

2013-12-02 (Mon)
昔々、

すごく気に入ってるカーディガンがありました。


それを着れる秋冬が、楽しみで待ち遠しくなる

毎年大切に、しかしヘビーローテーションで着続けたら、

ある年ひじに穴があきました


あの悲しい思いは二度としまいと

私にはどうしても

ニットのひじにはパッチが必要


IMG_5694_convert_20131201124018.jpg

11月は

2013-11-25 (Mon)
 
結婚式に出席される方や、七五三のお支度の方など、

いつもより少し早く出勤する日があります


通い慣れた通勤路が、朝焼けで金色に染まる

素敵な瞬間を撮ったと思いきや


逆光すぎて真っ白


自分の目で見たそのままを

自由自在に切り取れたら…。



まずは普通に撮れるようになりたい

おしゃれは足下から

2013-11-18 (Mon)
果たして、それは

靴なのか、靴下なのか


その両方がお気に入りの一品なら、

フロアを歩く足取りは軽く


見えないところにハデ色が

引き続きマイブーム

IMG_0943_convert_20131116211906.jpg


Profile
小野寺和彦 代表 小野寺和彦
このブログは神奈川県平塚市のヘアサロン アゴーラとアレンジのスタッフブログです。

 
中山恒太
中山恒太
上原一行
上原一行
宮川奈緒
宮川奈緒
吉田舞
吉田舞
※画像クリックで記事を各スタッフ別に表示
スタッフのプロフィールはこちら
Blog Category
Blog home
Calendar
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Search & Archive
Recent Comment
お気軽にコメント残していってください
Link
Blog QRコード
このブログは携帯でもご覧になれます
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。